中宮寺 本尊如意輪観世音菩薩半跏像

飛鳥園関連人物

會津 八一 會津八一は、秋艸道人(しゅうそうどうじん)または渾齋(こんさい)と号し、すぐれた東洋美術史学者であり、それとともに、類まれな歌人であり、独自の書家である。また、教育者として、多くの優秀な人材を輩出している。

志賀 直哉 1910年、武者小路実篤、有島武郎らと「白樺」を創刊。以降「白樺派」として戦前の小説界を牽引する。異名「小説の神様」。自らを題材に採った告白小説・私小説を中心として執筆。

武者小路 実篤 明治43年に友人・志賀直哉らと雑誌『白樺』を創刊し、以後、60年余にわたって文学活動を続けてきた。小説「おめでたき人」「友情」「愛と死」「真理先生」、戯曲「その妹」「ある青年の夢」などの代表作、また多くの人生論を著したことで知られ、一貫して人生の賛美、人間愛を語り続けた。

飛鳥園について仏像写真ギャラリーティーガーデン アクセス仏像講座関連書籍リンク

トップへ